HOME > 福友ハウスの家づくりの魅力

福友ハウスの家づくりの魅力

自然のぬくもりを大切にした住まい
名古屋市守山区 分譲済のイメージ

名古屋市守山区 分譲済

これまで福友ハウスでは、名古屋市を中心に、年間50~60戸、通算1000戸以上の住宅を供給してきました。
こうした実績や経験を通して当社が実感したのは" 健康"を求める声の広がりです。そこで、自然素材を活かした、当社らしい家づくりをめざすことにしました。福友ハウスは、日本人が癒しを感じる自然素材、中でも地元産の素材に注目。こうして"東濃ひのき"を採用した住宅は生まれました。木の香り、無垢建具、無垢造作材など、自然素材に囲まれた住まいづくりを提案しています。住宅の供給を通して感じた顧客の声を、福友ハウス独自の考え方で創り上げた住まいの一例です。

基本仕様書詳細はこちら

近代的な感性に訴えかける都市型住宅を提案

自然のぬくもりを大切にした住まい
キュービック型斬新都市型住宅:(分譲済)のイメージ

キュービック型斬新都市型住宅:(分譲済)

「シンプル&モダン」という言葉がライフスタイルのひとつとして定着した今日。
福友ハウス独自の視点でデザイン的な試みを行おうとしています。それが、シンプルな都市型住宅です。住まう人の個性を引き出すために、あえてデザインをしすぎないことを選びました。シンプル&モダンに価値観を感じ、癒しを感じる人たちに向けた当社の提案です。現在主流にある住宅スタイルにとらわれることなく、新たな住宅スタイルを追求し続ける姿勢。それがいちばんの当社らしさです。

基本仕様書詳細はこちら

幅広い住宅ニーズに応えることを可能にした軽量鉄骨鋼構造"K型フレーム"

K型フレームを採用し、安心・安全な家づくりを追求
K型フレーム住宅施工例(分譲済)のイメージ

K型フレーム住宅施工例(分譲済)

当社では、軽量鉄骨鋼構造を採用した住宅を「K型フレーム住宅」として分譲しています。
K型フレームとは、日本古来の木造軸組工法を軽量鉄骨で仕上げる工法。住まいの安心・安全を求める声が広がる今日、同社では耐震性、耐火性、耐久性という観点と同時に、鉄骨造とは思えない木質の内装材で空間を仕上げることができる利点を活かし、このK型フレームを採用しました。
K型フレームでは、柱や梁が室内に突出しないため、家具などを部屋の隅々にスッキリとレイアウトが可能です。つまり、居住性と安心感の両立を追求した住まいです。
また、制約の多い狭小地でも建築が可能になったことで、敷地の件で悩んでいた顧客の要望に対応できるようになりました。

基本仕様書詳細はこちら